ぎゅっぎゅっ、な毎日?

『ぎゅっぎゅっして!ゆっくりがんばる成長日記』(http://let-me-pick-you-up.hatenablog.com/)から派生した今現在の我が家の日記です。

お口の過敏と口蓋鄒壁について

お口の中のデコボコ

↑いきなり小難しいタイトルで始めてしまい申し訳ございません(^^;)

 先日の記事でもう一つ気になる事があるとお伝えしたのですが、それがお口の過敏さについてなんです。

 

実は最近メインブログで口腔内の過敏さの緩和をはかるために↓脱感作というマッサージを取り入れている事をご紹介したのですが、

let-me-pick-you-up.hatenablog.com

 

こうした振り返り記事を書いておりますと(息子の足のトラブルの件もあり)、少し丁寧に息子自身の体をみてやりたいなと省みた訳なのです。

 

『そういえば最近口腔内のマッサージ、あんまりやれてないなぁ。』

 と、ふと思いまして、

「お口の中をゆっくり見せてね?マッサージしとこうね。」と息子を寝かせてみるとあらびっくり(;^ω^)

 

上あご側の内側には口蓋鄒壁(こうがいすうへき)という部分があるそうですが、その凸凹が激しすぎるのです。

f:id:let-me-pick-you-up:20170711144004p:plain

随分長らく気にかけるのを忘れていたので・・・何とも言えませんが、3歳代に見た時よりも発達している様な・・・

って、母乳を吸うのに必要な凸凹ならもうそろそろある程度平坦になってきても良いはずなのに変ですよね(;´Д`)

 

試しに歯ブラシの裏側でちょっとこすってみると

「痛い・・・気がする。」との事(^^;)

 

「いつから痛いの?」と聞くと

「実は四月ごろからちょっと痛いなぁと思ってたんだ~。」

と本人はあんまり深刻そうではない返事。

 

でも大体話が見えてきました。

 

 

すり潰し食べを辞めてみよう

実は息子には食事の際に一種癖の様な変わった食べ方をする事があるのです。

それはかなりの頻度で食べ物を噛まずに舌とこの口蓋鄒壁で食べ物をすり潰す様な食べ方をする、という事です。

(そんな時は↓の様な表情をしているのですぐにわかります。)

f:id:let-me-pick-you-up:20170712142759j:plain

どうも、この食べ方が良くないんじゃないかなぁと。

 

前々からいつかは卒業させなきゃとは思っていたのですが、これまではまだ口腔内の他の部分(ほほ袋の内側や舌の裏側など)も敏感そうな事もあり、このすり潰し食べを無理に辞めさせようとはしませんでした。

 

しかし給食でしっかりとした歯ごたえの食品を食べる機会も増えてきましたし、口腔内の過敏さも歯ブラシを当てても随分マシに見えますので思い切りました。

 

「よし、そのすり潰して食べるのは少しお休みしてみよっか?もし痛みが治まればそれが原因だったんじゃないかな~。」

と伝えてみたんです。

 

これを良い機会と思い、すこし食べ方の改善を試みたいと思います。

 

 

という訳で、今月は

『体の確認強化月間』*1という設定で過ごしています。

 

 

 

*1:みなさまのおうちでもされているかもしれませんが、我が家でも”○○強化月間”と称して、今ちょうど子どもの発育が芽生えそうな部分を重点的に扱う試みをしたりしています。