ぎゅっぎゅっ、な毎日?

『ぎゅっぎゅっして!ゆっくりがんばる成長日記』(http://let-me-pick-you-up.hatenablog.com/)から派生した今現在の我が家の日記です。

怒るのや~めた(^^;)

親の勘

夏休み中なのでメインブログもこちらのブログもほとんど手が付けられない状況ですが、宿題に関する思いを少しだけ更新させて下さい。

 

小学校に入れば夏休みの宿題がある事は覚悟の上だったのですが、手先の不器用さなどが原因で初年度からかなり苦戦中の我が家です。

 

もうすぐ夏休みが終わろうとしていますが、、、まだ結構残っちゃっています(^^;)おかしいなぁ・・・毎日手を付けているはずなのに(>_<)

 

あくまでも私個人の感想ですが、

息子には宿題の内容が難しい・・・というよりも物量の問題かな?と感じています。

 

たくさんの字を書くのが辛い。

何度も何度も同じ字ばかりを反復練習しなくてはいけない苦しさから逃れようと朝から一日のらりくらりとイヤイヤながらに宿題にとりかかり、少し進んでは疲れて違う事に逃げ出してしまう。

逃げられない様に取り囲むと・・・ちょっとした指摘でさえも自分の手で頭や胸を殴打。いわゆる自傷行為に出てしまいます。

 

・・・なんと人生で無駄な時間を過ごしている事か。

 

今まで何年もかけて極力𠮟りつけず本人が言葉に出来ない感覚を出来るだけ汲み取って本人が納得する方法で解決する様に進めてきた家庭療育の成果があっという間に崩れようとしています。

 

先生が一生懸命出して下さった宿題を軽んじる訳では決してないですが、夏休みの宿題が進まないからといって自傷行為するまでに子どもを追い込むのは・・・違うなぁ・・・なんて。我ながら情けない日々を過ごしています。

 

だから、もう覚悟を決めました。

 

子どもに「宿題しなさい」と𠮟りつけるのはやめて、もし万一宿題の提出期限に間に合わなければ先生には私が謝ろうと。

 

何時間も付き合わなくてはいけない苦しさ故に私自身もついつい強い口調で𠮟りつけてしまいます。それを辞められない自分の未熟さについてはただただ反省するしかないのですが、

一方で宿題の内容そのものも量が多い事が苦手で本当に出来ない訳じゃない・・・と考えてしまう事そのものが甘えた考えなんでしょうかね・・・。

どんなに言い訳をしようと、今回の場合はやっぱり言い換えれば”怠慢”・・・になっちゃいますよね(>_<)

 

字を綺麗に書くのは確かに大切です。

”ね”が”わ”に見えるならもちろん直さなくちゃいけないでしょう。

”かって”が”かつて”に見えるなら、これもまだまだ練習が必要でしょうね。

 

でもそうじゃないなら・・・

本人が”あ”と思って書いた字を相手が”あ”と読めるなら、もうそれでいいんじゃないかな。字を綺麗に美しく書く事は書写の時間だけでいい・・・ですよね。

少なくとも、将来大学入試などで×にされない程度に書けているなら、それでいいんじゃないかなと。

 

今の時代はPCもありますし、タブレット導入への理解も進みつつあります。字だってコミュニケーションツールの1つな訳ですから、シーンによっては別の手段を選んだって良いと思うんです。

スキルとして字が書けることとは別に、たくさん文章を綴らなくてはいけない場面では自書に代わる方法で自分の考えを明確に表明出来る様な手段を身につけておく事も、手先が不器用な息子にとっては学校を卒業したその更に先にある将来を見据えていく上でこの子自身の身を助ける大切なスキルとなり得るでしょう。

 

学校ではまだそうしたツールを教材として導入しているところも少ないでしょうし、親の責任で教えていかなくてはと思っています。

 

だから尚更今は書字や宿題だけにとらわれず、

・夏休みにしか出来ない野山や自然に触れたり

・プールで自分の限界や体の動きを確かめたり

・自分の興味を通じて何かに疑問を感じたりその謎を自分で追究してみようと試みる事の方が大事なんじゃないかな?と思うんです。

 

つまり

『字で表現したい事って何?』

という事なんです。

 

大切なのは、

・他人に伝えたいと思う様な感情や経験をし、

・そうした自分の心に浮かんだ気持ちや考えをきちんと掴み取る事が出来たかな?

だと思うんです。

きっとそちらを育てる方が大事なんじゃないかなって。

それがこの子の成長を見守る中でずっと一貫して感じてきた事ですから。

 

そうした事をきちんと掴めたなら、共感を求める気持ちから自ずとそれを他人に伝える手段を探そうとするでしょう。

それが言葉であったり書字や絵といった方法で表出されていくというのが自然な流れなのかなと。

 

 

だから、これまでに息子と接してきた親の勘を信じてみようと思い、宿題ごときでガミガミ言うのは辞めようと決めました。

今は息子本人が望む事をもっと経験させてやりたいと思いますので。

宿題が出来ないからといって、ダメな子ではないと思います。

むしろ記憶力や考察力、好きな事への追求心といったこの子の良い点は宿題や学校教育ではなかなか評価しにくい点かもしれません。

そういった点を曲げずに見守る事も親の役目だと思っています。

 

 

夏休みが終わるころには宿題よりももっともっと大切な事を習得出来ていたらいいなぁ。

もうね、腹をくくってからというもの、

↓いろんなところへ連れまわしています(笑)

 

f:id:let-me-pick-you-up:20170813233453j:plain

野山の小さな生き物に目を傾けてみたり、

 

 

f:id:let-me-pick-you-up:20170813233501j:plain

 SLの運転席を見ては

「レバーって少ないんだね、どうやって運転するんだろう!?」

「石炭を入れるところは運転席のすぐ横なんだね、熱そう(>_<)」

「どうして運転席の反対にもう一つ席があるんだろう?」

なんて構造から色々な事を想像したり疑問に思ってみる事って大事だな、なんて宿題をサボらせながら小1の夏を過ごさせています。

 

 

さて、あと少しですから、一応諦めずに宿題に対して親子で最大限努力してみます。

結構しんどい夏休み。

あっという間に夏休みに突入してしまった我が家ですが、タイトル通りの日々を過ごしております。

 

もちろん楽しい事もありますし、そんな時間をもっと過ごしたいと思いつつも、やっぱりこれも”あるある”なのかなと思う事を少々メモ書きさせて下さい。

 

 

書字困難者の宿題風景・・・

夏休みの宿題といえば、私自身は宿題を均等に割り振り、その日の分を午前中にさっと済ませて遊びに行くというごくごくスタンダードなスタイルでこなしていました。

 

まぁ、でもどうしても苦手な宿題が続くと嫌さが募ってしまい・・・いわゆる逃避行動などに出た事もあります。

 

逃げたくて向き合いたくなくて何時間も宿題が手につかず

結局外に遊びに行く事も出来ずに寝る前までズルズルと。

最終的に親に散々怒られて仕方なく宿題をするという悪循環(笑)

 

これも良くあるパターンかと思います(^^;)

で、今の息子がまさしくその状態なんですよね。

 

計算はまぁまぁ好き。

暗算でもなんとか楽しんでやってくれています。

ひらがなも大事に集中して一文字だけを集中して書くならまだ耐えられる様です。

 

それが何度も何度も同じ文字を書く反復練習ばかりが続くとかなりイライラをぶつけられ、何とか治めて書かせたとしても結局内容そのものはヒドい・・・。

正直『こんな字なら宿題しない方がマシだ』、とはっきり心の中では思う事さえあります。

 

その上「その字は書き直し。」と少しでも指摘しようものなら、自分の頭や胸を叩いて自傷行為の様な行動にまで出てしまう始末。

これは私自身が拘束され過ぎて、指摘の仕方がどんどんキツくなってしまっているせいでしょう。。。

 

 

息子の言い分としては

・小さな字を書く運筆作業は疲労困憊

・その字や数字は意味を成す字ではない(つまり何かの答えや文章を書いている訳ではないのでただただ苦痛)

・多すぎて先が見えない・・・

 

(私自身は計算問題の方が辛かったので、こんな反復作業で宿題OKにしてもらえるなら毎日これでお願いしたいと思う程でした。だから「ただ字をかけば終わるんだから楽だと思うんだけど?」という私の感覚は息子には通じない様です。)

 

あまりに愚図るので途中で何度も休憩を入れたり、食事をはさみながら長丁場のお付き合いになります。

こうして毎日約3~5時間程宿題に付き合い、イライラをぶつけられ、その間家事も何も手がつかず。もうそろそろ私も限界・・・思わず音を上げそうです。

かと言って夫に任せると私よりもヒドイ八つ当たりで大癇癪を起こしてしまいます。たぶん夫の方が優しいから甘えてしまうのでしょうね。

 

家族全員どんよりと疲れて、毎日朝起きるのが辛い。

もはや親が完全にうつ状態です(笑)

 

 

でもこうして文字化出来た事で少し冷静になれました。

 

きっとこうした反復練習も今だけですよね。

正しい文字や数字をマスターする為に必要だから宿題として出されている訳でしょうし、少し目線を変えて手法を考え直してみようと思います。

 

辛いページは何日かに分けて、違う得意な宿題なんかとミックスしてやり過ごしていきたいなと思います。

 

本当は美しい書字を目指すなら、字だけを練習しているよりもアスレチックや遊具で手足をしっかりと動かす運動を組み込んでやらなくちゃいけないと思うんです。

でも今のままではその時間さえうまく組み込んでやれていません。

 

それどころかこのままでは『書字は微細運動の良い練習になる』という良い点が、ただ苦手な気持ちを増長するだけの悪いメソッドに貶めてしまいそうです。

 

 

頑張れ、自分。

ピンチはチャンス。

きっと今が一番しんどいはずなので、とにかく今を乗り切りたいと思います。

 

はぁ・・・。

夏休みなんて、プールに山に川に昆虫探しに、と楽しい事ばかりだと思っていました(^^;)

 

という訳で書字困難あるあると宿題を甘く考えていたあるあるのご報告でした(>_<)

 

※ちなみに本人に任せて放置する、という事はまだ考えられなくて出来ずにいます。低学年の基礎的な部分をしっかり習得しておかなくてはその次の段階に進む事が出来なくなってしまうと思うので、体力的には辛いですが今はしっかりと見てやりたいと思います。

 

嫌なイメージの消し方を模索中(ちょっと閲覧にはご注意が必要かもしれません)

今週はどうにもならない様なかなり厄介な事を解決しようと明け暮れた一週間でした(笑)

 

ちょうどメインブログで写真を使った共感という内容を書かせていただいた所なので、let-me-pick-you-up.hatenablog.com

 

今回の件も関連事項としてメモ書きさせて下さいね。

 

 

 

~視覚的なイメージに強い反面・・・~

(動物に関する少しグロテスクな表現が含まれます。苦手な方はどうぞスルーして下さい<(_ _)>お願いします)

 

 

 

 

 

 

 

ある日の夜でした。

ちょうど夕食も終えた頃、テレビで動物に関する驚く様な映像などを紹介してくれる番組を子どもと見ていた時でした。

 

その番組でかなりショッキングな映像が飛び込んできたのです。

 

 

それは・・・

カエルの口の中にギョロリと光る2つ眼玉。

それは寄生虫のせいで口の中に眼が生えてしまったカエルを取り上げた番組内容でした。。。

 

『しまった、回避が遅れた!!』 

時すでに遅しでした。。。

 

案の定、息子はしばらくの間あまりのショックで棒立ちしたまま身動きが取れずにいました。

 

 

その後は平然と過ごしていた様に思ったのですが、やっぱり後日嫌な予感が的中しました。

 

 

ある日、学校から帰ってその日の様子を聞いたところ、

「給食で小さめの魚の揚げ物があったけど、この前のカエルの口の中の眼を思い出してしまって食べられなかった。」

と言うのです。

 

そうなんです。

メインブログの記事に書きましたが、息子は美しい映像にも強い反面、非常にショッキングな映像にも強く反応してしまうのです。

 

日ごろから視覚的な映像の刺激の強さは良く考慮しているつもりなのですが、この様に予期せぬタイミングで映像が飛び込んでくる事もあり、やっぱり100%回避する事は難しかったりします。

 

 

 

 

~イメージの上書き~

よく、悪いイメージは良いイメージで上書きすると良いと聞くのですが、今回の場合の様に相対する良いイメージが何か皆目見当がつかない事も良くあります。

 

しかしショッキングなイメージは不意に何度も何度もフラッシュバックしてしまう可能性が高く、出来れば早く手を打ってやらなくちゃいけませんでした。

 

そこで私ならどうすれば少しは楽なイメージに変えられるか・・・

と考えた末に、そのカエルに対する正しい知識を理解してみようと思いました。

 

 

テレビ番組ではカエルがその様になってしまった原因として”イカリムシに寄生された事”と紹介されていました。

調べると、ある成長段階の際に寄生されるとそうなるのでは?といった内容の資料を見つけました。

そして、ネット上にあったそうしたカエルの写真をもう一度よく見ると、実は本来眼がある場所は窪んでしまって眼球はなく、口の中に出来てしまった眼が眼として機能している事などがわかりました。

 

そう、そのカエルは不便ながらも見えにくい眼を工夫して使い、エサを食べ、生きていたという事です。障がいやハンデときっと同じですね。

 

こうしてカエルのストーリーを追う事で、不思議とそのカエルにたいする気持ち悪さが払拭され、不思議な事にカエルに対する親しみの様な感情まで感じる様になりました。

 

 

自分自身でそこまで理解した上で、これまでに得た知識を息子に伝えてみました。

 

「(イカリムシが原因とは知っていたので)イカリムシをこの世からいなくするにはどうしたらいいの!?本当に腹が立つ~~~」といった反応や、

「あの眼は見えるんだね。」と少しほっとした様子でした。

これで嫌なイメージを払拭できるかどうかはわかりませんが、しばらく様子をみたいと思います。

 

息子は理科や生物が好きなので、今後おそらくこうしたショッキングな映像とたくさん出会う事になると思います。

 

でもその事実から目を逸らさず、相手を理解していく気持ちにつなげていけたらいいなぁなんて思いました。

初めての絵

ごくごく最近、とても嬉しく驚いた事がありました。

 

宿題も無事終えて、自由に過ごしていた平日の事。

息子が突然

「お母さん、この前買っておいてくれた新しい自由ノートちょうだい。」と言うのです。

なんだろ?と思いながら渡すと

「これこれ!」と言いながら早速一枚目に猛烈な勢いで絵を描き始めました。

 

「ボクね、好きなゲームの続きのストーリーを自分で考えたから絵に描いてみるね。」と。

 

覗き込んでみると棒人間や文字が並んでいてとても絵とは言い難かったのですが、自分が好きな2つのゲームをミックスして新たなストーリーを展開している様子でした。

f:id:let-me-pick-you-up:20170716055057j:plain

マインクラフトというゲームと青鬼2というゲームを合わせた話で、自分の好きなキャラで冒険するストーリーだそうです

 

これが、この子が初めて自発的に絵を描いて人に説明しようと試みた事でした。

言葉以外の道具を使って他人に何かを伝えようとした事がとても嬉しく新鮮に感じました。

 

 

お口の過敏と口蓋鄒壁について

お口の中のデコボコ

↑いきなり小難しいタイトルで始めてしまい申し訳ございません(^^;)

 先日の記事でもう一つ気になる事があるとお伝えしたのですが、それがお口の過敏さについてなんです。

 

実は最近メインブログで口腔内の過敏さの緩和をはかるために↓脱感作というマッサージを取り入れている事をご紹介したのですが、

let-me-pick-you-up.hatenablog.com

 

こうした振り返り記事を書いておりますと(息子の足のトラブルの件もあり)、少し丁寧に息子自身の体をみてやりたいなと省みた訳なのです。

 

『そういえば最近口腔内のマッサージ、あんまりやれてないなぁ。』

 と、ふと思いまして、

「お口の中をゆっくり見せてね?マッサージしとこうね。」と息子を寝かせてみるとあらびっくり(;^ω^)

 

上あご側の内側には口蓋鄒壁(こうがいすうへき)という部分があるそうですが、その凸凹が激しすぎるのです。

f:id:let-me-pick-you-up:20170711144004p:plain

随分長らく気にかけるのを忘れていたので・・・何とも言えませんが、3歳代に見た時よりも発達している様な・・・

って、母乳を吸うのに必要な凸凹ならもうそろそろある程度平坦になってきても良いはずなのに変ですよね(;´Д`)

 

試しに歯ブラシの裏側でちょっとこすってみると

「痛い・・・気がする。」との事(^^;)

 

「いつから痛いの?」と聞くと

「実は四月ごろからちょっと痛いなぁと思ってたんだ~。」

と本人はあんまり深刻そうではない返事。

 

でも大体話が見えてきました。

 

 

すり潰し食べを辞めてみよう

実は息子には食事の際に一種癖の様な変わった食べ方をする事があるのです。

それはかなりの頻度で食べ物を噛まずに舌とこの口蓋鄒壁で食べ物をすり潰す様な食べ方をする、という事です。

(そんな時は↓の様な表情をしているのですぐにわかります。)

f:id:let-me-pick-you-up:20170712142759j:plain

どうも、この食べ方が良くないんじゃないかなぁと。

 

前々からいつかは卒業させなきゃとは思っていたのですが、これまではまだ口腔内の他の部分(ほほ袋の内側や舌の裏側など)も敏感そうな事もあり、このすり潰し食べを無理に辞めさせようとはしませんでした。

 

しかし給食でしっかりとした歯ごたえの食品を食べる機会も増えてきましたし、口腔内の過敏さも歯ブラシを当てても随分マシに見えますので思い切りました。

 

「よし、そのすり潰して食べるのは少しお休みしてみよっか?もし痛みが治まればそれが原因だったんじゃないかな~。」

と伝えてみたんです。

 

これを良い機会と思い、すこし食べ方の改善を試みたいと思います。

 

 

という訳で、今月は

『体の確認強化月間』*1という設定で過ごしています。

 

 

 

*1:みなさまのおうちでもされているかもしれませんが、我が家でも”○○強化月間”と称して、今ちょうど子どもの発育が芽生えそうな部分を重点的に扱う試みをしたりしています。

こだわりすぎて足指に危機迫る(>_<)

梅雨のお楽しみで発覚

 

先週後半はちょっと気になる事が連発して発覚した日々でした。

 

事の発端は、実は↓過去記事でお話ししました『梅雨の楽しみ、手形足形』だったんです。

let-me-pick-you-up-d.hatenablog.com

 

手形をとった数日後、”そういえば去年のものと比べてみたいなぁ”なんて思いまして、ゴソゴソとあちこち探し回り、何とか見つけ出してきました。

f:id:let-me-pick-you-up:20170710132802j:plain

↑ちなみに去年はこんな感じだったんです。

 

『ふむふむ。手はずいぶん伸びた様な感じがするな~。

ってあれ・・・?足のサイズ、全然伸びてない様な気が・・・(^^;)?』

違和感を感じて慌てて定規で測ってみると数ミリしか伸びていなかったのです(;^ω^)!!

 

そこで息子が学校から戻ってきたところを確認してみると…

息子君の足がちょっと大変な事になっていました(;´Д`)

f:id:let-me-pick-you-up:20170710133831j:plain

指が変形しちゃってました・・・。

(あんまり綺麗な画像でなくて申し訳ございません(>_<))

 

しかも、しかもです。

足の裏には魚の目まで作ってしまっていましたぁ(T_T)

 

ちゃんと見れていなかった、、、ですね。花なんて眺めてる場合じゃありませんでした(:_;)

 

 

 

お気に入りの靴にさよならする

週末、渋る息子を何とかなだめてスポーツ用品店へ。

というのも実はずっと前から新しい靴を買おうと何度も何度も促してきたのですが、本人がどうしても今の靴が気に入っていて違う靴を履きたがらなかったという経緯があったのです。

 

こだわりが行き過ぎて、良くない方向に。。。

きっと足は大きくなろうとしていたはずなのですが、

それを窮屈な靴の中に無理矢理押し込めていたからこんな結果になったのではと思うんです。。。

 

「でも大好きな靴だから。」

「どうしてもこの靴を履きたいから。 」

そうした本人の強い思い故にうやむやにし続けてしまいました。

 

はぁ。。。

大好きなものに固執したり、こだわりつづけるのは息子の性分。

だからそれを上手く軌道修正していく方法を見つけるのも私たち家族の役割だと思っています・・・だから今回ばかりは私の落ち度です。

 

幸い(?)本人が指の曲がり具合を見て、『これは良くない』と理解した様なので何とかお店までは来れました。さて、何としてでも本人が気に入る靴を見つけなきゃ。。。

 

と思っていたら案外あっさり

「あ、この靴がいい!」と本人が履きたいと思える靴が見つかりました。

 

こんな事ならもっと早くに連れてくれば良かったです(=_=)

 

 

しかしどうも足裏の魚の目、本当は痛みがあると思うのですが、私が触らない限りあまり気付けていなかった様で・・・見えない部分はまだ鈍麻さが残っているのかもしれません。

 

 

さて、次回は実はもう一つ発覚した本人の身体的な特徴について記録させて下さい。

夏の気配

昨日のメインブログでは更新途中でUPしてしまうという痛恨のミスをしでかした私。。。申し訳ございません(^^;)

何か特別に忙しいという訳ではないのですが、ここのところ日中は雨の合間を見計らいながら雑草抜きやら植物のお世話なんかをして過ごしています。

 

すると色々な生き物の気配を感じるんですよね。

いよいよ夏がすぐ目の前に迫ってきたな~と日々感じています。

 

今日は今年初めてのセミを見ました。

ちょっと弱っている様でしたが、元気になって空を飛んでくれるといいなぁと思いながらパシャリ。

f:id:let-me-pick-you-up:20170707212235j:plain

 

↓こちらはカミキリムシでしょうか?(息子はあまり虫には詳しくないので私もあまり昆虫には疎くて。。。間違っていたらすみません。)

カミキリムシ君、のんびり歩道を歩いていらっしゃいました(笑)

”踏まれちゃうよ(^^;)”と思い公園へ連れて行こうと持ち上げたらキーキーと何とも可愛らしい声で怒っていました。

f:id:let-me-pick-you-up:20170707212732j:plain

 

先日、息子と夫と3人で近くの川で蛍を見ました。

初めて蛍が舞うところをみた息子はとても感動した様子でした。小学生の間にたくさんの生き物や自然を感じさせてやりたいなと思っています。

 

 

そして植物も。

↓こちらはやっと咲いたサンパラソルというお花。去年はあまり日当たりを確保してあげられなくて結局咲かずじまい。今年は無事咲いてくれてホッとしているところです。

f:id:let-me-pick-you-up:20170707211749j:plain

 

うちの子が花が好きなのを良い事に、子どもが学校へ行っている間に少し土いじりをして日々の心の糧にしています。

 

子どもも植物も動物も、みんな日々の歩みはとても小さい様に思いますが、それでもみんな毎日確実に成長しているなぁと感じます。

 

 

以上、更新が滞っている言い訳でございました(-人-;)